小説

小説

保護中:

修学旅行後日

数字六桁。 先生のアレ。
小説

「菊丸式、物の怪退治法?! 2の巻」

今日は修学旅行の最終日。え、菊丸くんがいないけど、どうしたのかって? 「先生、はやく歩いてくださいよ。このままじゃ日が暮れちゃうよ」 「‥そ、そんなこと言ったって‥、あ、ハァん‥」  山中の長い...
小説

「菊丸のどっきり下着レポート!?の巻」

え、桂木先生となにを話してるのかって? それがね‥ 「あれ、いずみちゃんと先生?」  購買部からの帰り、廊下で立ち話をしている同級生と担任教師の姿を見かける菊丸。声をかけようと口を開きかけたところ...
小説

「菊丸のお見合い妨害作戦の巻」

あら、いま園長室から出てきたのって桂木先生? どうしたのかしら、元気がないみたいだけど 「あ、ほんとだ。どうしたんだろ。やっほー、桂木せんせ~い」  担任教師の姿を見かけた菊丸が脳天気に声を掛...
小説

「菊丸の特製料理術?!の巻」

「おおっ、いいニオイが‥!」 「もう、きたないわねえ」  台所から漂ってきた空腹を刺激する香りに菊丸が涎を垂らして反応してするのをいずみが呆れた声を出している。 えっ、どうして菊丸くんの家にいるのかって? ...
小説

「菊丸式! 花見は危険でいっぱい?!の巻」

今日はわたしたち、近くの公園にお花見に来ているんです。 「桜もすごいけど、すっごい人だなあ」 「コレガ日本ノ風流デスネ!」  満開の桜のもと、周囲の人だかりに圧倒される菊丸と初めての花見に日本好...
小説

「ドッキリ!! クリスマス?!の巻」

こんばんは。 今日は桂木先生のお手伝いで教会にボランティアに来てるんです。 え、なんでそんな格好してるかって? 「とほほ。なんでぼくがトナカイなのさ」 「あら、よく似合ってるわよ。菊丸くん...