危機一髪、忍者修行

 一日忍者修行を体験しにリンダを伴い伊賀の里、忍者屋敷へ赴いたいずみと菊丸。
 縄抜けをいち早く終えてしまった三人は忍者屋敷を探索。間が悪く不景気で早めに閉館を告げられた館長と入れ違いになってしまい、三人を残し屋敷は閉められてしまう。
 忍者道具で脱出を試みる三人だったが‥

感想

 リンダ回。
 菊丸を忍者と誤解して好意を持ったリンダですが、縄抜けを披露した菊丸の忍者子孫説には初耳デスと首を傾げてしまうのは如何なものか。
 リンダは性格こそ奔放ですが、感じやすさではいずみ、千春より劣るようで菊丸の悪戯への反応は今ひとつなのが惜しい。
 
 関係ないですが水蜘蛛の使い方は足に履くのではなく、あの円の中に入って浮き輪のように使うのが正しいらしいですね。というのを2017年の産経新聞で書かれていましたが、もっと以前にも言われていたような‥

満足度に応じて星を付けて下さると励みになります。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)

Loading... 

コメント