原田いずみ

 出身 東京都
 職業 高校生
 年齢 16歳
 誕生日 10月3日
 血液型 B
 3サイズ 83/58/81
 家族構成 父、母
 登場話 1話「ハロー!! いずみちゃん」より全話

 本作のヒロイン。
 タイトルにあるとおり、人の心を読めるという超能力の持ち主で秘密を守るため転校を繰り返した末に菊丸のいる講談高校に落ち着いた。能力露見の危機意識は少なく、かなり安易にその能力を使っている。

 教師や教習所の教官にまで狙われるほどの美少女で抜群のスタイルを持つ。
 学業成績は語られなかったが菊丸に勉強を教えたり、物知りいずみと冠が背景に出たりと優秀と思われる描写が散見されていた。
 運動は出来るらしく菊丸から運動神経を褒められている。
 高いところが苦手ということだったが、とある脱出劇では高所でのやりとりを見せているため、どの程度のものかは不明。

 性格は正義感が強く勝気。菊丸を筆頭に周囲の非常識な言動に頭を痛める常識人。

 始めのうちは菊丸に好意のようなものを見せていたのだが、その本性を知ったためか後半ではそうした感情はほとんど見せなくなった。代わって菊丸の暴走を止める監督役を担うことに。
 友人の千春、リンダと揃って菊丸に好意を寄せ、危機感も薄いという状況に菊丸の狡猾さも増して自身も被害に遭うことが多くなってしまう苦労人。

 菊丸との馴れ合いが深まるにつれ、下着姿どころかパンティ一枚の格好でも平気になり大事な場所も直接触られなければお小言で済ます程度にまでなっていた。

 

虎馬屋版-原田いずみ-

 菊丸の天敵。

 グラビアアイドル並のスタイルに勝ち気さが目立つ美少女で人の心を読める能力を持っている。

 まだ菊丸の本質を理解していなかった頃、多少興味を持っていた過去は忘れたい黒歴史。
 いまはそうした感情は微塵もなく、親友の千春やリンダなどから菊丸のエッチな悪戯を守るのは自分しかないという使命感で付き合っています。
 肝心の親友二人は菊丸を挟んで言い争う仲でもあり、その仲裁にも頭を悩ます苦労人。
 桂木先生とは同じく菊丸を危険視する上での同盟関係にあります。ただしあまり頼りにならない先生にいろいろと思うところもある模様。

 一年生の頃はまだしも学年の上がった辺りから菊丸の悪戯も暴走し親友二人を護るどころか、制御不能の菊丸に自身も被害を受けることが多くなりだしました。
 心を読むことで回避できるのはあくまで事前のことであり、いざ罠にかけられてしまうと調教に近い悪戯に翻弄されることも。

 いくら気が強いとはいえしょせんは高校生。菊丸の執拗な悪戯に耐えきれず恥をかくことも多くなり、だんだんと菊丸に躾けられ女の義務を口にするようにまでなっています。

 日常においては気の強さは相変わらずで菊丸へのお仕置きを敢行していますが、日増しに激しくなる悪戯に徐々にではありますが力関係も変質しています。

コメント