桂木先生あれやこれや そのさん

◇桂木先生個人について◇

さて今回は単純に桂木先生の個人的な情報についてまとめてきたいと思います。

菊丸たちが一年生の頃、冬休みを前に赴任してきた女教師。というのが作中で語られた社会的立場となるわけですが、これ以上の情報は読者に与えられませんでした。

ハートキャッチでは教職に連なるヒロインが他に三人いまして、実習生の吉田由希、早瀬歩の二人に家庭教師の水森さやかなど自己紹介で姓名を公表したのに対し、桂木先生は最終回に至っても桂木「先生」のまま名前が明らかになることもなかったのです。

吉田由希挨拶菊丸断定2水森さやか2

加えて中途赴任であることから年齢もわからず、教師として新米なのかそれなりの経験を持っているのか、そも担当教科すらも不明のまま。愛蔵版にて姓名、年齢、スリーサイズや担当教科も明らかとなりましたが。しかしこれも復刻版では削除されてしまい、新愛蔵版や電子書籍から入った読者からは桂木先生はやはり桂木「先生」のままなのが惜しまれます。

逆にそれ以外の情報はそこそこ与えられていて、むしろ作中の人物に対してほとんど情報のないハートキャッチでは珍しいくらいの恩恵を受けています。管理人があれやこれやと考察できる程度には。

作中から見て取れる人物像として。

先にも述べていますが、赴任したばかりですぐ冬休みに突入し、かつ担任でもない学級の生徒の名前を覚えているという記憶力。
生徒の親への挨拶をという義理堅さに社交性。
また観察力、注意力の鋭さもいずみの体型の変化を見逃さなかった点から伺えます。
教師としても生徒の保護者なしの旅行に対し、監督責任を遂行しようという職業意識の高さ。

単純に押し付けることなく生徒の自主性を重んじ、罪と罰に対しての柔軟性も持ち合わせる箇所も見られました。
幼稚園児への指人形劇を披露する一幕もあり(経緯はよくわかりませんが)情操教育にも力を入れていると考えられます。

虫でも見るかのような

虫でも見るかのような蔑みの目。

性格的には割合と辛辣な面もあるようで千春の感じやすさをして「‥‥あんたもあまりフツウじゃないわね‥‥」などと評する場面もありました。

ただ人間としては少々アレなようです。

社会的立場を重んじるばかりに保身に走り、教師の立場で生徒を誤魔化しの手段に巻き込む、だけならばまだいいのですが、その過程において他者を蔑ろにすることも多くありました。

例えばジャングル風呂での一件では菊丸を泡まみれにして園長の目から隠す、という行為をしますが、菊丸の悪戯が自分に向くとそれを千春に向けさせ、不可抗力ではありますが怒りに任せて菊丸を飛ばした先にいずみがいたりと。
運動会では薬とボンドとを間違えて起こった事故から参加できなくなった仮装大会への出場に、やはり菊丸、千春を巻き込んでラクダの仮装を行いました。ここでも千春が先生の不明からパンティを脱がされるという被害に遭っています。

保身保身3

発想が菊丸と変わらない‥

この件に関しては別の見方も出来まして、違う形で考察をしますが、いずれにしても本来桂木先生の側に非がないものを自身の教師としての立場に瑕疵が生じるのを恐れ、自ずと選択肢を狭めてしまう傾向にあるようです。

隠れたオシャレ2

さて作中の言動から判断できる人間性とは別に提供されたものとして、コンタクトレンズを使用しているということ。
見えないオシャレとして下着にも気を使っているなどもあります。

しかしながら先生の一番の特徴は作中でも一、二を争う感受性の豊かさでありましょう(控えめな表現)
数多くのゲストヒロインの登場するハートキャッチですが、実のところゲストで菊丸の直接の被害に遭っているヒロインはそう多くはありません。下着を見られたり、小道具を使った悪戯をされたりといった程度のものが大勢を占め、仮に悪戯をされたとしてもその反応はごく普通。
つまり女性として当たり前に嫌がるのが大半です(当サイトではその限りではありませんが)

菊丸の暴走が顕在化するのが桂木先生登場以降というのもあるのですが、その先生登場後、同じ先生枠の二人の反応は常識の範囲内でありまして‥。

対して先生はと言えば。
例の乾布摩擦描写は三人娘や理恵ちゃんにユキちゃん、早瀬先生にも近い描写が見られてもユキやリンダ、早瀬先生は痛みを訴え、さすがの両横綱いずみ千春は納得の反応でしたが、それでも先生ほど豊かな反応ではありません(控えめな表現)

理恵ユキ喰い込み2

リンダ喰い込み歩喰い込み

痛みや羞恥が先に出るまともな四人。

ハートキャッチを代表する古参のお二人。それでもまだギリギリセーフ。

千春喰い込み3いずみ喰い込み

場所は校庭のど真ん中。相手は年下の教え子である。さすがド変態大人の貫禄。

!先生喰い込み !先生喰い込み1 !先生喰い込み2

結論として。
先生は教師としての資質に溢れつつも、人間的な部分がともすればそれらを壊し、なにより女としての資質が聖職者としてのソレを上回り、問題児相手に手も足も出ない難儀さが管理人にとても魅力的に映るのであります。

 

 

満足度に応じて星を付けて下さると励みになります。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (6 votes, average: 4.83 out of 5)

Loading...

コメント

  1. 匿名希望 says:

    くいこみの考察、寝室ドロボーの理恵ちゃんが抜けてますが。
    気が向いた時に継ぎ足していただければ幸いです。

    • 虎馬屋@管理人 虎馬屋@管理人 says:

      >匿名希望さん
      理恵ちゃんも入れようか迷ったんですが、他の皆様は大事なところへの刺激でアレはお尻かなーと判断しておりました。
      というか、喰い込み比較ではなく、大事な場所への悪戯に対する反応比較のつもりでありました。
      適当に追加します。

  2. Maxwell says:

    論文として発表可能ですよ。
    すごい!
    これも愛ですね。w

  3. 匿名希望 says:

    深夜に書き込んだ事が朝には対応されていてびっくりです。
    ありがとうございます。

    • 虎馬屋@管理人 虎馬屋@管理人 says:

      >匿名希望さん
      ちょうど他ブラウザでの確認をしていましたので。
      あと今日は研修でいつもより遅く出勤だったというのもあります。