桂木先生あれやこれや そのいち

以前にも書き散らかしていましたが、改めて桂木先生についてのあれやこれやを書いていこうと思います。

◇桂木先生と菊丸について◇

先生の初登場は29話「激動ジャングルぶろ!!」
いずみたちがお正月の旅行先に選んだ旅館は先生たちの研修場所だったことで展開していきますが、その中に幾つか興味深いやり取りがなされていました。

風呂上がりのいずみが廊下の向こうから駆けてくる人影を見て「今度うちの学校にきた桂木先生に似てない?」と菊丸たちに確認する場面。
菊丸断定
ここで桂木先生が赴任してきたのは冬休み前と判明、時期的にすぐ冬休みに突入したこともあって断定できるほどの付き合いではないのでしょう。

ちなみに岩沢先生のことは遠目にも断定していましたから、いずみの視力の問題ではないと思われます。菊丸断定3
いずみが半信半疑なのを菊丸は「似てるどころじゃない!! 本人だよ!!」と断定しています。

ここで菊丸なら女の子の記憶は確かだろう、という認識になりそうですが、実際には菊丸の記憶力はあまり当てになりません。

いとこのひとみちゃんとの久しぶりの再会でも美しく成長したひとみに気付くことが出来ませんでした。これは先入観などもありますから菊丸の嗅覚を疑うには不十分ですが、もう一つ。 菊丸断定4
菊丸断定2
教育実習生早瀬歩の登場時にも菊丸は本人を目の前にして、いずみに「だれ? この人」と問いかけています。
もっとも菊丸は早瀬先生のスカートを捲り上げ、その下着からすぐに思い出したようなので記憶力そのものは確かなのかもしれません。

さて、ここでもう一つ対称的なのはいずみたちへの桂木先生の反応です。
菊丸断定5

 
桂木先生もいずみたちを認めるも(この時点では菊丸はいずみの浴衣に潜り込んでしまっている)「たしか‥C組のいずみさんと‥千春さん‥よね?」と確実性を欠いた呼びかけをしています。
果たしてこれはコンタクトレンズを外していたからかどうかはわかりませんが、赴任したての教師が生徒の顔と名前、学年にクラスを一致させるだけでも先生の教育者としての適正を窺い知ることが出来ます。

しかしさらに面白いのは菊丸が桂木先生を一目で断じたように、先生もまた菊丸をすぐに認識していたことでしょう。
菊丸断定6
もちろんいずみや千春から関連付けたのかもしれませんが、それにしても状況が状況です。
妊娠を疑った女生徒の浴衣の中に隠れた男子生徒という異常をして、即座に菊丸の名前を上げるというのは中々出来ることとは思えません。

菊丸断定7 実際問題これとほぼ同様の状況でマタニティの中に隠れた菊丸を発見した村岡看護婦は驚きのあまり気を失っています(そりゃそうだ)
この村岡看護婦も自分へ悪戯をした院長(実際は菊丸の悪戯だったわけですが)を殴りつけたりとなかなかに気が強く、桂木先生と引けを取るとも思えません。

先のいずみたちへの対応や菊丸の先生への認識などを鑑みるに、桂木先生と菊丸はそれなりに面識があったと考えると面白くはあります。

今回はこのあたりで。

満足度に応じて星を付けて下さると励みになります。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (12 votes, average: 4.25 out of 5)

Loading...

コメント

  1. Maxwell より:

    おお、ふかぼりです。
    まとめていただくと、再読したくなりますね。
    続きが楽しみ。

    • 虎馬屋@管理人 虎馬屋@管理人 より:

      >Maxwellさん
      もう何度も目にしているかと思いますが、コメントいただけると嬉しいです。
      一発目の星が一つだったので、自己満企画はやっぱあかんなあ、とわかってはいるのですが。
      ちなみに酷評でも意見をいただけるのはありがたいです。

      再読していると、あ、ここはそういうことか、と改めて気付くことも多いですね。
      とはいえ、管理人の桂木先生云々はいわゆる実験者効果が効きすぎて自分でも「うわあ」です。
      それでも続きは書いていきたいです。