特訓

 か、桂木慶子です‥っ、あ、あ! ご、ごめんなさいっ、いまはちょっと‥、あ、だめっ!

「~~~~~~~っ!!」
 悔しさを滲ませた、それでいて甘い悲鳴が講談高校英語教師、桂木慶子の住まう寝室に響き渡る。
 ベッドに腰掛けた教え子、明智菊丸の膝上に乗せ上げられたまま、女教師は縄がけされ身動きの取れない身体をブルブルと震わせ、大事な場所に擦りつけられる瘤縄を引かれるたび「い、いやっ、もういやっ!」と泣きじゃくった。
「んもう。我慢しなくちゃ駄目でしょ。こんなんじゃまた舞台で恥かいちゃいますよ?」
「だ、だったら、こ、こんな瘤付けたりしないでっ!」
 菊丸のお小言に、女教師はキッと眦を釣り上げて背後の教え子を睨みつけるのだが。
「でへへ。この瘤が料理長とぼくの腹踊りの違いなんですよん。こうすると素人の先生でも芸に色気が出るんですよね~」
「あっ、あ! や、やめっ、やめてっ!」
 縄を絞り上げ、女教師の一番の急所に瘤を擦り当てながら、腹踊りの心得を伝授していく菊丸。
「いいですか、先生。ぼくら素人じゃ料理長の伝統芸には及びません。もちろんいずみちゃんの若さにも先生じゃ及ばない」
「ひ、ひいっ!」
「そのためにもこの瘤付きロープは先生には必要なんですよ。お客さんたちだって喜んでたじゃないですか♪」
「ふ、ふざけないでっ! こ、こんなの腹踊りなんかじゃっ、あ、ああン! こ、擦らないでっ、だめっ、だめえっ!」
「お客さんが期待しているのは菊丸流腹踊りなんです。さ、続けますよん」
 そう言って我儘ばかりの女教師との問答を打ち切ると、再び菊丸流腹踊り創始者として慶子に稽古をつけてゆくのだ。

 そうなんです。
 このあいだ、こいつが勝手に引き受けた腹踊りのアルバイト。その特訓中なの。
 学校にいる間は特訓しない代わりに、わたしのマンションで終電まで、あっ、あ、休ませて、くれなッ、い、いぃっ!
「あっ、あっ、ああっン、き、菊丸っ、ゆ、許してっ、あ、いやっ、いやあぁあンっ!」
 稽古をつけ始めて10分もしないというのに、出来の悪い教え子はまたも切羽詰った悲鳴を上げて菊丸へと許しを請い始める。
「何回言ったらわかるんですか。いいですか、これは先生が宴会場で我慢するための特訓なんですよ?」
「そ、そんなこと言ったって、あ、あぁあっん! あ、いやっ! き、きくまるうっ!」
 教え子が呆れるのも構わず、慶子はM字型に開いた両脚を引き攣らせ、瘤縄の喰い込んだ大事な部分を突き出してブルブルッと摩擦するばかり。
(でへ。そりゃこんだけ焦らし続けたら我慢なんかできませんよね~♪)
 すっかり出来上がってしまっている可愛い担任を見守り、汗を吸い込み黒ずむ瘤縄をまたもグイッと擦り上げる。
「あっ、あーッ!」
 それだけで慶子は白い喉を見せ、凄まじい叫びを上げてしまう。
 だが、ギリギリ。この気丈で健気な女教師が我を忘れず、菊丸との約束を守って耐えられる絶妙の力加減を特訓からずっと繰り返しているのである。
「ほらほら、我慢しないと♪」
「も、もういい加減にしてっ! こ、こんなの、気が狂っちゃうっ‥!」
「え~、だってそうでもしないと特訓にならないじゃないですか」
 言いながらも高校生とは思えない手綱捌きで普段なら一睨みで竦んでしまう迫力の女教師を操るのだ。
「だ、だからって、こんな‥っ、あ、ぁ、やっ、ひ、ひ‥いっ、いぃーっ!」
 縄に設けられた瘤が女の急所中の急所を柔らかく擦り上げる。
 M字型に開いた両脚がピーンと突っ張り、瘤縄が喰い込み汗の滴る恥ずかしい場所を激しく突き動かしながら、英語教師は口端から涎さえ垂らしてしまっている。
「ありゃりゃ。先生、汗かきすぎですよ。ぼくのズボンまで汚れちゃうじゃないですか」
 膝上に乗せた担任教師が縄に縛られた身体にびっしりと汗をかき、特に濃厚な匂いを放つトロリとした汗が菊丸のズボンにまで滴って染みを作っているのに眉を顰める。
 が、そんな教え子の恨み言に抗う気力もないのか、、慶子はもう「いやっ、いやぁっ」と泣き喚くばかり。
(う~ん、そろそろ限界かな~。しょうがない、この辺で許してあげますか)
 さすがに気丈な女教師も二時間に渡る焦らし責めには根を上げるしかないようで、菊丸もつい仏心を覗かせてしまう。
「しょうがないなあ。先生、ちゃんとお客さんたちにお詫びするんですよ」
 乱れた髪を優しく整えつつ、耳元に客先へ粗相を働こうという宴会芸者の心得を教えながら、瘤縄を掴む手に力を入れ、菊丸流瘤縄乾布摩擦へと移行するのだった。
「あっ、あ! だめっ、いやっ! あっぁあんっ、お、お客様ッ! け、慶子、だめっ、もう駄目ですっ!」
 焦らされ続け、全身がとろ火で煮詰められていた女体を段違いの火力に熱せられ、女としての誇りも、教師としての矜持も蒸発し、慶子は教え子の言いなりにいるはずのない宴会客へ、泣き言を口にしていた。
 続きを促すよう、菊丸の操る瘤縄が無残なほどに大事な部分へと喰い込み、ゴリゴリっと上下運動をするたび、女教師は「ウッ」と呻いてはしたなく腰をうねらせ。
「い、いやっ、いやッ! き、菊丸っ、許してっ!」
 どうしても最後の一線を超えられず、知らず教え子へ許しを請うのだが、もちろん菊丸が許すはずもなく。
「謝るのはぼくじゃなく、お客さんにでしょ? ほら、頑張って♪」
「き、菊丸うっ! ‥っ、あ、あ、あ! お客様ッ、慶子、もう我慢できませんッ、な、縄が‥っ、嫌っ、き、菊丸くんに擦られて、あ、あ、駄目っ! ‥‥‥っ、~~~~~~~~~~~~~~~~っ!!」
 理不尽すぎる教え子へ、凄まじい目つきを向けるのも一瞬。
 生意気な担任教師を躾けるべく、瘤縄を引き絞り最後のとどめを刺すべく急所を擦る教え子にとうとうじゃじゃ馬教師も屈してしまう。
 宴会場に見立てた寝室で見世物にされる情けなさ、恥ずかしさに泣きじゃくりながら、菊丸に教え込まれた女の義務を泣き叫ぶ。
「でへ。先生ったらみんなに見られてるのに、そんな大きな声で♪」
「あ、あんたが‥っ、あ、あ‥うっ! や、やぁあんっ! だ‥めっ、あ、また‥っ」
 膝上でのたうつ可愛い女教師をからかいながら、焦らした分だけ満足してもらおうと瘤縄乾布摩擦の動きは複雑化する一方。
「い、いやぁっ、お客様っ‥ご、ごめんなさいッ! け、慶子はまた‥またぁっ!」
 堪えきれず、教え子の膝上で仰け反り大きく開かされたまま内腿をピンと突っ張らせ、はしたなく瘤縄の喰い込んだ大事な場所を見せつけるように突き出す。そこに菊丸が汗を吸い込み黒ずんだ瘤縄をまた擦り上げるのだから堪らない。
「ひっ! ひいっ、いぃー!」
 白目を剥き、可愛らしい舌まで覗かせガクガクと仰け反る担任教師の頭を掴んで観客がいるだろう正面を向かせ。
「皆さん、先生が堪え性がなくって申し訳ありません。さ、先生。大きな声で謝るんですよ?」
「あ、あっ、あ‥、ごめんなさいっ、菊丸くんっ! ゆ、許してっ、慶子のこと見捨てないでッ‥、あ、や、もうだめっ! ‥‥‥~~~~~~~~~~~~っ
 腹踊りを踊りきれない自分の情けなさ、菊丸に見捨てられてしまうかもという恐怖に泣きじゃくり、必死になって「捨てないでっ!」と喚き散らす担任をあやしつつ。
 謝罪を重ねる英語教師が可愛くて堪らず、腹踊りの特訓であるにもかかわらず、つい菊丸は女教師のおとがいを摘んでこちらを向かせると濡れ光る唇を奪ってしまっていた。
「‥っ、んっ、ムッうっ、ん、ん‥! ぅ‥ん
 一瞬、怒りと悔しさに目を見開いた慶子も乾布摩擦に追い込まれ、なによりもう慣れ親しんでしまった唇の感触に瞼を閉じ、特訓のご褒美であるかのように流し込まれる唾液を健気に飲み下す。
「んっ、ぅ、むっふ‥ぅっ! ァ、あ、ハァ‥ッ
 互いの存在を確かめ合うように舌と舌とを絡ませ合い、唾液を交換しながら甘い時間を過ごすのと裏腹。
 瘤の作られた大事な部分に酷いほど喰い込んだ縄は、何度も上下へ擦られ、その度に慶子は「ああッ」と教え子の口腔へ呻きを吐き出し、M字型に開かされた両脚を突っ張らせ。
 しまいには無理矢理に唇を振り解いて、また激しく泣きじゃくった。
「あ、あ、あっ! だめっ、もうだめぇっ! き、菊丸っ、菊丸くんっ! 慶子、だめっ、また、また‥っ! あ、お客様ッ、わたし、あ、あ、ああーっ!」
 教え子の膝上でのたうちながら理不尽な謝罪を繰り返し、慶子は菊丸の望み通りの腹踊りを続けるのだった。

 ようやく謝罪も終わり、縄に縛られ不自由な身体を教え子に預けてハァハァと肩で息をつく桂木先生へ、師匠の菊丸の小言が追い打ちをかけている。
「満足に踊れないばかりか我慢もできないなんて。そんなことじゃ立派な宴会芸者になれませんよっ!」
「そ、そんなのに‥なるつもりっ、ないわよっ! あ、あン、ああっん‥」
 歯を軋らせながら、それでも教え子のふざけた台詞へ反応する担任に、菊丸はといえば思わず口端が緩むのを止められない。
(でへ。先生にそのつもりがなくても、もう予約がいっぱいなんですよ~)
 料理長と交わした契約で桂木先生の腹踊りは数カ月先まで予約され、恐らくは評判が評判を呼んでさらにその先も女教師の予定を奪うはずだ。慶子の意思によらず、旅館の花形スターの道は約束されているのである。
 だからこそお客を失望させないためにも菊丸流腹踊りを極めてもらわなくては。

「まったくもう」
 ガシガシと頭を掻いて、覚えの悪い担任に溜息を吐き、チラと時計を見やる。
「明日は土曜だし、今日は泊まっていきますね。さ、先生、続けますよ」
「と、泊まって? ふざけないで、そんなこと許すわけ‥っ、あ、あん!」
 立場も忘れて歯向かう女教師の縄に絞り出された二つの膨らみをムンズと根本から揉みしだく。
「先生が一曲も踊れないのが悪いんでしょ。いいですか、一曲でもまともに踊れるまで寝かせませんからね?」
「そ、そんなっ、いやよ! お願い、少し休ませて、ねえ、菊丸くん!」
「だ~め。休みたかったらちゃんと踊ってからです」
 そう言って女教師の後ろ手に縛った縄目を解くと、くるりと反転させて向き合う形で跨がらせる。
「我慢できなくなったらぼくにしがみついていいですからね」
「なっ‥?!」
 誰がそんなこと、と口を開きかけた女教師を封じるように背後から縄を持った手が動き、お尻の谷間から大事な場所へと瘤縄が擦り付けられた途端。
「い、いやぁっ!」
 慶子は口ほどにもなく菊丸に両手両足でしがみついてしまっていた。恥ずかしさに美貌を教え子の肩に押し付ける女教師にニヤニヤと笑みを浮かべ。
「でへ。ほんと先生って可愛いですなあ。あんなおじさんたちに見せるのは癪だけどっと♪」
「あっ!」
「これも旅館のため、料理長のため。心を鬼にしますね~♪」
「あ、あっ、そうやって口ばっかりっ、ああン」
「そんなことないですって。先生の一番可愛い顔はぼくだけのものですから♪」
 そう言って顔を隠そうとする女教師の顎を摘んで見つめ合う。
「あ」
 恥ずかしさに顔を反らそうとするのを留め、ゆっくりと顔を近づけてくる菊丸に応えるように、慶子は目元を染めて瞼を閉じるのだ。
 しばらく重ね合った唇が銀の雫を引いて離れ、気を取り直したように「でへ。いずみちゃんの邪魔も入らないし、覚悟してくださいね、セ~ンセ?」と囁く。
「や、やっぱり最初からわたしをオモチャにするつもりで‥っ、あ、あぁっ!」
 もう言葉は要らないと、菊丸の腹踊り指導が始まり、慶子の大事な場所へといやらしい瘤縄が襲いかかる。
 ほんの一擦り。それだけで女教師の身体が震え、教え子へギュウっとしがみついてしまう。

 まだ時計の針は一日の終りを示してもいない。

 頑張れ菊丸! 負けるな菊丸! 腹踊りを待つ宴会客たちのためにっ!

こ、こんなの、一晩中なんて‥っ、ほんとにだめになっちゃう。き、菊丸のオモチャにされちゃうっ! あ、ああんっ、助けてッ、お、おかしくなっちゃうっ!