桂木慶子

この記事は約4分で読めます。

個人情報出身 富山県
職業 英語教師
年齢 24歳
誕生日 12月19日
血液型 AB
3サイズ 87/59/90
家族構成 不明
登場話 29話「激動ジャングルぶろ!!」
33話「ボディでゴルフゲーム」
34話「過激な運動会!!」
37話「菊丸流、指人形劇!!」
55話「最後のパンティー」

 


泣き黒子が特徴の肉感的なスタイルな美女。普段はコンタクトレンズを使用。隠れたお洒落として下着にも気を使っている模様。

講談高校には菊丸たちが一年時、冬休み前に赴任した。年末に行われた研修旅行先で同じ旅館に宿泊する菊丸たちと一騒動あって以降、親交を深めている。

基本的に礼儀正しい人格者。教育者としてもいずみたちと幼稚園児に指人形劇を披露し、情操教育にも勤しんでいる。が、性格は若干キツめ。
対社会的な反応に敏感で、ともすれば問題を先送りにしても自分の立場を優先する傾向にある。
そのくせ、保護者なしでの旅行を問題視しつつも妥協案を出す。宿直勤務に生徒を迎える入れる。千春に菊丸への注意を促しながらも自身は悪戯を受けても仕方のない無防備な(ミニスカ、ノーブラなど)服装で接するなど、脇が甘い。

また菊丸の危険性を知りながら、運動会では一緒に観戦する。菊丸の提案する無茶な理屈で裸同然の姿になる。転校する菊丸に別れを告げるため学校を飛び出すなど、どうも対応に整合性が見られない部分が多い。

菊丸の悪戯に対し「そう何回も同じ手に‥」と口にしてしまうほどには被害を受けている模様。

虎馬屋における設定

虎馬屋でのメインヒロイン。

菊丸が一年生だった冬に講談高校へ転任してきた女教師。後に菊丸たちの副担任を経て担任になった。
大人の色香漂うスタイルの泣き黒子が特徴の美女。

優しく寛容。不良生徒にも毅然とした態度で指導し職業的倫理観も強く生徒の信頼も厚い。
幼稚園で指人形劇を披露するなど情操教育にも力を注いでいる熱心な教育者。
一方で社会的立場を重んじて体面を気にしすぎるあまり、自己保身に走りがちな傾向も。
危急の際は他人を巻き込むことを厭わず場当たり的な発想で難を逃れようとするなど、本質的には教師としても大人としてもわりとアレな人。

菊丸を問題児として認識し、いずみとも対菊丸同盟を結んでいますが前述の精神性や隙の多さから菊丸の罠にはめられてしまっています。

菊丸たちとの交流の多さから周囲に問題児の監督役と思われたようで、いつの間にか担任教師にまで任ぜられてしまいました。
教師としての能力は本来非常に高いのですが、担任となり菊丸との接点が多くなるほど悪戯の被害も増し、ほぼ毎日のように可愛がられてはしたない姿を晒してしまうことで園長や同僚教師からの評価も低くなり、結果として菊丸とあわせて問題教師扱いになっています。
そもそも退学にもせず私的なお仕置きで済ませるあたり、自業自得とも。

最近の度を超した菊丸の悪戯にはさすがに拙いと懸念していますが、結局は菊丸の口車に唇を奪われたり、お尻を可愛がられたり、女の義務を口にするよう躾けられたりという日々を送って確実に女体のメカニズムを狂わされており、知らず菊丸好みの身体へと変質しています。またそうした悪戯で下着を汚すことが日課となってしまい、予備の下着を常備するようにもなりました。

口でいうほど嫌悪感はないのかいずみたちを交えない私的な交流も多く、頼み事などもよくしています。
生徒たちが被害に遭っている痴漢を退治するための協力も仰いでおり、週に一度菊丸が泊まり込んでの囮役指導の結果、マンションを引っ越す羽目にもなりました(明け方まで慶子の泣き喚く声がマンションに響き苦情が入った)
他にも園長からの見合い話からストーカー化した相手を誤魔化すための恋人役を頼んで助けられたりもして、存外頼りになる菊丸を認めてもいるようです。
そうした頼みごとのお礼として月に何度かデートに付き合っていますが、そのたびに年下の子供相手に手も足も出ないほど可愛がられて本当の恋人以上に情けない姿を見せています。
一応、最後の一線を越える気はないようでそこだけは守り抜いていますが、菊丸からの焦らし責めに最近は自分からキスをねだったり、パンティを脱いでしまったりとかなり危うい状態に追い込まれることもしばしばではあります。

なんだかんだで友人たちとの婚活話でも、頭に浮かぶのは菊丸だったり、いずみに助けられることでモヤモヤとする夜はやはり菊丸のことを考えてしまったり。
もちろん菊丸のことは教え子として考えており、手のかかる問題児以上の気持ちは抱いてはいません。

コメント