桂木慶子

登場人物
この記事は約10分で読めます。

個人情報 出身 富山県
職業 英語教師
年齢 24歳
誕生日 12月19日
血液型 AB
3サイズ 87/59/90
家族構成 不明
登場話 
29話「激動ジャングルぶろ!!」
33話「ボディでゴルフゲーム」
34話「過激な運動会!!」
37話「菊丸流、指人形劇!!」
55話「最後のパンティー」

 菊丸たちの通う講談高校に一年の冬も終わる頃赴任してきた美人英語教師。

 抜群のスタイルに泣き黒子が特徴の大人の色香が漂う。

 普段はコンタクトレンズを使用。隠れたお洒落として下着にも気を使っている模様。


 冬休み、菊丸たちの旅行先と研修旅行先の温泉旅館が偶然に重なり、そこで一騒動があってから親交を深めています。


 性格は辛辣で若干きつめですが基本的には礼儀正しく、仕事でも厳しいばかりではなく柔軟な対応も見せる人格者。いずみたちと幼稚園児に指人形劇を披露するなど情操教育にも勤しんでいます。

 ただし自身の社会的立場を優先する傾向が強く、そのためには生徒へ協力を求めることも厭わず問題を隠蔽しようとするなど腹黒い一面も。


 保身を第一に考える割には保護者なしでの旅行を問題視しつつも園長に報告もせず胸の内に収めて罰代わりに妥協案を出す。宿直勤務中に生徒を迎え入れるなど、あとあと問題になりそうな行動が目立ち脇が甘い。

 菊丸に対しては危険人物扱いをしているのだが、千春に菊丸への注意を促しながらも自身は悪戯を受けても仕方のない無防備な(ミニスカ、ノーブラなど)服装をしていたり、その運動会では菊丸と一緒に観戦をしていたり、菊丸の提案する無茶な理屈で裸同然の姿になったり、転校する菊丸に別れを告げるため学校を飛び出すなど、危険人物への対応としては首を傾げるものが多い。

 菊丸の悪戯に対し「そう何回も同じ手に‥」と口にしてしまうほどには被害を受けている模様。


虎馬屋における設定

 菊丸たちが一年の冬休み前に赴任してきた英語教師。


 バスト87、ウエスト59、ヒップ90と抜群のスタイルに泣きボクロが特徴の美貌の持ち主。不幸にもその美貌と肉体が菊丸を惹き付ける原因となり、虎馬屋においては(菊丸の)メインヒロイン(お気に入りのオモチャ)


 24歳とまだ若いながらも教師としての能力は高く、僅かな期間で生徒の顔と名前を一致させている。冬休み直前の赴任も園長に請われてのこと。

 不良生徒にも毅然とした態度を崩さず、学生時代に学んだ空手で鉄拳制裁を辞さない。幼稚園で指人形劇を発表するなど情操教育にも力を注いでいる。

 一方で社会的立場に固執し自己保身に走りがちで、問題を隠蔽するのに生徒を巻き込み場当たり的に難を逃れようとするなど、教師としても大人としてもわりとアレな人。

 上記のような暴走もあるが基本的に優しく寛容で理性的。ただ気性の荒い部分も目立ち辛辣な一面も持ち合わせています。


 菊丸のことは問題児として認識し、悪戯への対処に鉄拳制裁を行うなど積極的に更生させようといずみとも対菊丸同盟を結んでいる間柄。

 この共同戦線で悪戯をした菊丸へのお仕置きなどを行っていたことが評価され、問題児の監督役として副担任から担任教師にまで任ぜられました。


 菊丸との接点が増えたことで、済し崩し的に悪戯にかかることも多くなってしまったのは痛恨の極み。

 そうした中、二年に進級してすぐの運動会で、菊丸と共に仮装大会に出ることになり、そこで菊丸流の乾布摩擦を受け失神。弱点を知られることに。

 以降、隙を見せると乾布摩擦の悪戯を受け、とうとう教え子にパンティを喰い込まされながら昇りつめるという大恥を晒してしまいます。

 鉄は熱いうちに打てとばかり、この日から毎日のように罠を仕掛けられ、悪戯という女体調教の日々に一日に何度も恥をかかされ泣きじゃくるように。

 決定的だったのは宿直当番の日に押しかけてきた菊丸に恥をかく際に男への礼儀を示すよう命じられ、抵抗をするのを夜通しの乾布摩擦に屈して承諾し、ちょうど泣き叫んでそれを口にしたところを交代の用務員に見られてしまうという失態を見せてしまうことに。

 二重三重の弱みを握られ、もともと感じやすい肉体を躾けらるうちに、昇りつめる際には嫌がりながらも教えられるままに口にするようになり、今では例え校内でも菊丸に命じられると叫ぶほどに躾けられています。

 その恥知らずな行為を抑えるためという名目で菊丸に唇を奪われ、最近は知らず知らずその瞬間に教え子を求めてしまうようになりました。


 こうした躾のせいか、菊丸を危険人物としながらも何事かの問題に際して菊丸を頼ることが多く、菊丸の口の巧さもあって普通なら考えられない解決法も受け入れてしまい、そのたびにより恥ずかしい目に遭わされ、より深みに嵌ってしまっています。両親に押し付けられるお見合い話を断るために菊丸に恋人役を頼んだりなど。

 そうした過程のあれこれを目撃された結果、園長や校長、同僚からの評価は下降気味。

 自己保身から菊丸の処分を公的に行わなかったことで問題児同様、問題教師扱いという本末転倒な結果を招いています。

 最近の菊丸の度を越した悪戯にはさすがに拙いと危機感を覚えていますが、保身を第一に考えてしまい流されてしまいがち。


 また問題解決のためと称して学校生活だけでなく休日もマンションに押しかけられ、そのまま一晩中、菊丸いうところの問題解決法を仕掛けられ、はしたない声を上げ続けた結果、近隣からの苦情で引っ越す羽目に。

 引っ越し先のマンションは防音完備を選んだせいで、苦情の心配もなくなった菊丸が遠慮せず先生を可愛がるという皮肉な結果に。もっとも先生も隣近所を気にせずほとんど咆哮に近い声を上げて菊丸を苦笑させているようです。


 この頃には菊丸の悪戯も初期の魅力的な女教師に対する興味本位的なものから明確な目的意識を持つようになり、桂木先生を卒業までには自分の女(ペット)に堕としてみようという試みで悪戯をしています。

 成果は上々で最近は焦らし責めの過程で、クリスマスの期間だけ恋人になると誓わせることに成功したり、泊りがけの旅行に誘って了承してもらったりと二人の関係に変化が生まれています。

 もっともあくまで強制されたものであり、慶子からすれば一時的に屈してしまったという意識で、菊丸を本心から受け入れているわけではなく、むしろ菊丸への警戒や嫌悪を深めています。

 なのでたとえ泊りがけの旅行や疑似的な恋人関係を強要されても最後の一線は絶対に許す気はなく、それだけは守り抜いています。

 ただいくら強制とは言え、教え子相手にキスを許したり、恋人になりますと誓ったり、卒業後は女になりますというような状況に追い込まれることも一度や二度ではなく、菊丸も証拠として録画して記録を残しているのでどうなるかはわかりません。

 そうした場面を何度も見ているいずみたちには呆れられ気味で、三人娘からはさすがにあそこまで恥知らずにはなりたくないわよね、などと馬鹿にされています。一方でさすが大人の女性と言える強情さ、勝気さは変わっておらず、その辺りが三人娘に見放されず、かつ菊丸のお気に入りとなる先生の魅力となっています。


 なんだかんだで菊丸の言いつけは守っており、毎日の下着の臭い付けに菊丸の下着検査への協力と基本的に生活の中心は菊丸になっています。また本人は自覚していませんが、見えないところにも気を遣う洒落っ気も、いまは菊丸の好みを優先していやらしく派手なタイプのものを選びがちです。

 とにかく菊丸のことを良くも悪くも考えない時間はなく、いつの間にか下着の奥が熱く疼くこともしばしば。そうしたときは理不尽に菊丸に辛くあたるときもあります。

 ちなみに菊丸のお仕置きなどのために体を鍛えていますが、それは逆に菊丸の悪戯を受け入れる体力を作ってしまっていて、一晩中可愛がられてしまう土壌になっています。


 虎馬屋での先生ルートが用意されていて、先生が最後まで気丈に振舞うルートと、卒業式後にマンションに押しかけられ、一晩可愛がられながら両親へ電話をかけさせられて、そのまま絶句する電話口の向こうへ菊丸の女になったことを泣き喚いて終わる感じ。翌日には両親が駆け込んで、部屋を開けると先生が幸せそうに元生徒にしがみついているのを発見したり。

 どのルートでも菊丸は先生を手放すことなく、自分好みの女にするための計略を用いては可愛がり、先生的には詰んでいる状態です。

 とはいえ、なんだかんだと菊丸に頼り切り、菊丸を退学に追い込むこともせず、毎日替えの下着を用意して受け入れているので不幸というわけでもないようです。

 
備考:桂木先生のお財布事情

 

 先生自身はとくに浪費家というわけではありません。ただ菊丸のせいでずいぶんと厳しいことになっています。

 虎馬屋では当初ごく普通の7万程度の家賃のマンションを借りていたのですが、とある事情から引っ越すことになりその原因から防音設備のついたマンションを借りることになってしまいました。安い物件でも10万は超えることになります。先生は12万ほどの物件を借りています。

 私立高の平均的な給料は月35万ほどですが、勤続年数も浅く若い桂木先生ではまだそこまではいかず手取りで月25万ほど。そこに家賃12万が毎月襲ってきます。それでも慎ましく暮らせば諸々の雑費を合わせて5万円ほどの出費で家賃を引いても、まだ月8万ほどの余裕は出来たはずなのですが、ここに菊丸のせいで余計な出費が加わってしまいます。

 

 見えないところにも気を使い、下着もそれなりのものを買っていた先生。それが菊丸のおかげで買うそばから下着を汚す羽目になってしまいました。汚れただけなら洗えばいいのですが、乾布摩擦など悪戯のせいでゴムが伸びて穿くことが出来なくなるものも多く、最低でも一日一枚は無駄にしてしまっています。ゴムの伸びもそうですが、大事なところに喰い込むことで先生のきつい臭いが染み込んでしまうのも難点です。

 以前、予備下着の習慣がない頃、菊丸に可愛がられたまま汚れた下着を穿いて授業を行ったのですが、スカートが少し揺れるたびに染みだらけのパンティを生徒たちに目撃され、教室には先生の臭いが充満する事態に。替えの下着を持ち歩くようになったのはそのあとからですね。

 

 少なくとも菊丸と確実に顔をあわせる平日はどうしようもなく週平均で5枚は廃棄処分となっています。先生のパンティは一枚だいたい3千円くらいのもを穿いていますから週に一万五千円は無駄にしているわけです。これが月だと×4で6万円となりますから相当の出費です。

 これまでは下着代は年平均でで二万円ほど。いわゆる女性の平均値と比べると高額でありましたが、それでも月平均でいえばせいぜい月に二千円ていどのものでした。それが一気に30倍にもなってしまったわけです。

 それなら安物の下着をまとめ買いすればと思うのですが、そこは先生の見栄というか女の部分が許しません。いつ菊丸に悪戯されるかわからずみっともない恰好は見せたくないわけです。ちなみに見せないという選択肢は諦めているというか、もう見られるのが前提になっています。

 けっきょく家賃や下着代など思ってもみなかった出費が新任教師にのしかかり、社会人当初の予定から11万近い散財を強いられて厳しめの財布事情となってしまいました。

 

 ただ菊丸のおかげで他の娯楽、旅行などの気晴らしにお金は使っていません。なにしろ毎日悪戯され放課後もそれで潰されることしばしば。休日も都合が合えば押しかけられ、泊りがけで気が狂いそうになるまで苛め抜かれて潰れてしまい(泊りがけの場合は腹踊りや痴漢退治の特訓ですが、途中から主旨が変わって焦らし責めになり、女になるかどうかを問い詰められるので明け方まで気が狂う寸前まで苛められちゃうわけです)散財する余裕もなく、その分下着代に割けるようです。

 また防音設備のあるマンションにした甲斐もあるというか家賃分の効果もあり、先生は心置きなく菊丸にしがみついて泣きじゃくり甘えています。それでも頑なに女になることは拒んで、誰があんたなんかのっ! と言ってはお仕置きで天国に行かされちゃってますが。

 代わりにバストやヒップもさらに張り詰め、大きくなっているためその意味でも下着の買い替えは必須となっています。現在はバスト90、ヒップ92。菊丸好みの感度抜群の最高の肉体に改造中。

 

 ちなみに学校へは常に予備の下着を持って行っており鞄の中には常時5枚ほどのパンティが忍んでいて、学校のロッカーの中にも10枚ほど予備を残しています。菊丸の悪戯も酷くなる一方で出勤するなりトイレに連れ込まれ健康のための乾布摩擦と称してロッカーの予備を消費、次いで昼休みに放課後にと悪戯具合にもよりますがパンティを変えるようになっています。

 もっとも最近は臭い付けと称して穿き替えを許してもらえずもともと臭いのきつい先生はかなり恥ずかしい日々を送っているようです。まあ女生徒のため、仕方がないですね。

コメント