明智菊丸

個人情報出身 千葉県
職業 高校生
年齢 16歳
誕生日 4月1日
血液型 B
家族構成 父、母、弟
登場話 1話「ハロー!! いずみちゃん」より全話

 


 短身肥満体にゲテモノと評される容貌を併せ持ち、勉強も苦手、身体能力も人並み以下。しかしそれを補って余りある女体への探究心は欠点全てを超越した能力を発揮する。

 基本的に全ての関心事は女の子へエッチなことをするという一点に集約され、驚くべきことに命の危険に晒されていても優先事項はエッチな悪戯に回される。

 エッチへの興味とは裏腹に、千春、リンダといった美少女からの好意には蛋白で、終盤ではいずみへ向けていた好意も見せることはなくなった。

虎馬屋における設定

 チビ、デブ、ブサイクと三拍子揃った外見に勉強も不得手、運動も苦手。そのうえ根性もなく性格もお調子者と完全無欠のダメ人間。
 学内でも教師、生徒たちから問題児の烙印を押されているが、その称号は外見や能力の部分ではなく並外れたドスケベという点に集約されている。

 そのドスケベぶりは並外れており、こと女体探求のためならあらゆる艱難辛苦を乗り越えるべく行動し、奸智に長けた頭脳へと変貌する。
 菊丸の悪戯の被害にあった女性に畏れられているが妙な魅力を持っているのか、不思議な事に女性陣から完全に嫌われることもない。

 エッチへの執着とは相反して恋愛感情は希薄。
 いずみへ伺わせた好意もいつの間にやら霧散し、千春やリンダから向けられる好意にも頓着していない。
 千春たちの好意を嘘でも受け入れれば悪戯し放題であることに気付いていません。ある意味では誠実な気質の持ち主。

 前述のように恋愛感情はほとんどないのですが、いずみや桂木先生のような気の強い女性を無理やり感じさせるのが好きという歪んだ性癖を持っていて、ペットのように躾けるのが趣味。
 特に大人であり、教師という立場の桂木先生は好みに合うらしく、自分好みになるよう暇を見ては悪戯するほど執着しています。

 天敵はいずみ。
 もっとも現在の力関係は菊丸が上になっていて、いずみに女の悦びを教えるまでに逆転しています。
 とはいえ、なんだかんだでいずみの一喝に条件反射で体が強張る刷り込みがなされてもいる。

 

個人的感想

 なんだかんだとこの手の少年漫画であればエッチではあるけれど、優しかったり、頼りになったりと負の面を帳消しにするような部分があったりするものですが、菊丸はそういった特徴は一切ないというのが素晴らしいですね。

コメント

  1. そらひろ より:

    まあ確かに他のエッチ漫画の主人公は、意外と正義感があるとか、実は友人思いの一面があるとか、親分肌とか、ここ一番では決めてくれるとか・・・・・菊丸には何一つ無いですね(笑) 。しかし、連載終了後何十年経っても二次創作等で盛り上がれるのはそのおかげですかね。

  2. 虎馬屋@管理人 虎馬屋@管理人 より:

    >そらひろさん

    なんとなく憎めないというのを体現しているキャラですよね。
    まあ、漫画じゃなければ普通に村八分になっていそうですが。