ついでに。

この記事は約1分で読めます。

 こちらもAmazonprimeにあったので。


 
 人種差別やらなんやらどこぞの企業まで日本の差別的などうのこうのとあるらしいですが、テレビ見る時間もないのでよく知りません。
 
 個人の主張は置いといて。
 
 そういうかの国の映画です。
 
 ずいぶん昔の40年近くも前の作品ですが、今観てもやっぱり面白いです。
 こういうのはその時々の勢いで作られるものと違って色褪せませんね。逆にその時々のネタを仕込まれるときつい、ほんとにきつい。お前のことだぞ、金田一耕助の冒険。でも好き。

 ところでワラクシ、だいたいの映画を区別なく観るのですが、いわゆるホラーはほとんど観ません。だって怖いんですもの。
 ホラー映画好きってどういう脳みそしてるの? すげくない?
 

コメント

  1. L より:

    関係のない話題で恐縮です。

    https://twitter.com/h_kawamoto/status/1327276093728980995

    いろいろネットの情報をみているとデビュー作「ニャンたって秀吉」(1986年10月号掲載 )
    の前後っぽいですね。「人間、魚すくい!!」「危険な温泉旅行!!」あたりかしら。

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >Lさん

       その頃だとその前後でしょうねえ。河本ひろしさん、あの時ウチで描かないかって話があったそうですけど、断って後悔したらしいですw
       そのあと学研ですもんね。そりゃ後悔するわ。