虎馬屋@管理人

雑記

フランス。

 書院は綺羅光先生の新作出てたので買おうかと思ったのですが、地元の本屋数件はそういった本の扱いをしていないので、近場だと立川のオリオン書房にでも出ないと入手できないのが難点。  昔は国道沿いにある小さな本屋(なんか黄色い看板出てて中は...
雑記

女教師。

 あれやこれやと纏めてみて改めて気付きましたが、ことエッチ漫画界に女教師って少なかったんですねえ。  エッチ漫画の祖ではある永井豪作品ですら、エッチ漫画として探した場合はランボー先生辺りでしょうか。すみません、管理人永井豪作品はデビル...
あれやこれや

あれやこれや 桂木先生編 8

桂木先生と菊丸 3  桂木先生の立ち位置というものを改めて考えると面白いのが、他に当時存在するエッチ漫画でも先生のような存在が見当たらない、という点でしょう。  というのも同時期、同誌にて連載をしていたハートキャッチと並ぶ2枚看...
雑記

新規に。

 自己満足の考察項目を置く。  あれやかれやと書き散らかした桂木先生のそれをまとめてみる。  画像関連の兼ね合いでまだ古いあれやこれやは削除できない。  こういうこと考えるのがファンサイトだよな、と思ったり。
あれやこれや

あれやこれや 桂木先生編 7

桂木先生と菊丸 2  これまでの先生の態度を振り返ると。  そもそも先生は本当に菊丸を危険と認識し悪戯を嫌がっているのか。  という疑問が浮かびます。  実質的な桂木先生登場回最後の指人形劇ではもう学校行事や見舞いな...
あれやこれや

あれやこれや 桂木先生編 6

桂木先生と菊丸  長くなります。  基本的な対人関係としては教師と教え子という関係になります。  (一応の)設定として担任教師になりますが、先生の側から見た菊丸はやはり教え子であり手のかかる問題児です。  ここで問題にし...
あれやこれや

あれやこれや 桂木先生編 5

女としての桂木先生  これまで桂木先生の主だった点を挙げてきましたが、ハートキャッチという作品の特色として避けては通れない部分で桂木先生は一番目立った特徴を持っています。  それが感受性の高さです。  作品を読み返せば分か...
あれやこれや

あれやこれや 桂木先生編 4

人間としての桂木先生  教師としてはほぼ理想的な桂木先生ですが、人間としてみた場合はどうでしょうか。    窮地に陥ったとき人の本性が見えてくるなどと言いますが、桂木先生はわりとアレです。  ジャングル風呂回で裸の菊丸と一緒にい...
あれやこれや

あれやこれや 桂木先生編 3

教師としての桂木先生  桂木先生の教職適正は果たしてどの程度のものなのでしょう。  前項の(一応)公式設定である英語教師としてもそもそも授業風景や菊丸たちからの評価もないため、客観的な判断はできません。  例えば同校には他に松...
あれやこれや

あれやこれや 桂木先生編 2

担当教科の謎  これは他に準教師役として登場する吉田由希、早瀬歩も同様ですがはっきりとした担当教科というものが明らかにされていません。  そもそもハートキャッチでは学校を舞台にした、正確に言えば学校内での日常を舞台にした場面が少なく(授...