管理人二次創作

小説

ハートキャッチいずみちゃん SS_46

「深夜の職員室訪問! の巻」 「いや~、夜の学校って意外に不気味だよね、いずみちゃん」 「し~っ、静かにして。誰かに聞かれたらどうするのよ?」  夜も更け、明かりの消えた廊下を歩くいずみと菊丸。人目を気にするよう、静かに足音を立て...
小説

保護中: ハートキャッチいずみちゃん SS_45

管理人の好きな作家。
小説

保護中: ハートキャッチいずみちゃん SS_44

パスワードは サイト案内にあります。
小説

保護中: ハートキャッチいずみちゃん SS_43

いちと同じ。
小説

保護中: ハートキャッチいずみちゃん SS_42

数字六桁。はっぴーばーすでつーゆー。おんとし。公式準拠。
小説

保護中: ハートキャッチいずみちゃん SS_41

数字六桁。 先生のアレ。
小説

ハートキャッチいずみちゃん SS_40

「菊丸式、物の怪退治法?! 2の巻」 今日は修学旅行の最終日。え、菊丸くんがいないけど、どうしたのかって? 「先生、はやく歩いてくださいよ。このままじゃ日が暮れちゃうよ」 「‥そ、そんなこと言っ...
小説

ハートキャッチいずみちゃん SS_39

「菊丸のどっきり下着レポート!?の巻」 え、桂木先生となにを話してるのかって? それがね‥ 「あれ、いずみちゃんと先生?」  購買部からの帰り、廊下で立ち話をしている同級生と担任教師の姿を見...
小説

ハートキャッチいずみちゃん SS_38

「菊丸のお見合い妨害作戦の巻」 あら、いま園長室から出てきたのって桂木先生? どうしたのかしら、元気がないみたいだけど 「あ、ほんとだ。どうしたんだろ。やっほー、桂木せんせ~い」  担任教師...
小説

ハートキャッチいずみちゃん SS_37

「菊丸の特製料理術?!の巻」 「おおっ、いいニオイが‥!」 「もう、きたないわねえ」  台所から漂ってきた空腹を刺激する香りに菊丸が涎を垂らして反応してするのをいずみが呆れた声を出している。 えっ、どうし...