ハートキャッチいずみちゃん SS_52

この記事は約4分で読めます。

「菊丸の一年の計は元旦にありの巻」


あけましておめでとうございます。
わたしたち、お正月を温泉地で過ごしちゃおうと、以前訪れた山里温泉に来てるんです。
え、また未成年だけで旅行なんてですって? ご安心。ちゃんと保護者役で桂木先生にも付いてきてもらってます。

 廊下を歩く三人娘に菊丸、そして保護者役の桂木先生。カンラカンラと浴衣姿に湯気を纏って上機嫌の菊丸だが、困り顔の千春に不機嫌丸出しのいずみにリンダ、疲れ切った表情の桂木先生。
「やっぱりここのジャングル風呂は最高だったね、いずみちゃん」
 と、問題児の一言にいずみは我慢できずに振り返るや、同級生の襟を掴み上げ眦を吊り上げ声を荒げて一喝する。
「あんたのせいで最悪よっ! なんであんたは毎回騒ぎを起こさなきゃ気が済まないの?」
「ちょ、ちょっといずみちゃん、落ち着いてっ?! あ、あれは不幸な事故というか‥」
「なにが不幸な事故よ?! 事故でどうして女湯に入って先生にあんなこと出来るってのよッ!!」
 ガクガクと同級生を揺さぶる速度が速まり、菊丸は「あ”あ”あ”あ”!」と首をガックンガックンさせて白目を剥きかけている。
 想像通りというか。明智菊丸の面目躍如というべきか。女湯に見女麗しい女性四人が浸かっていると知って大人しくしている菊丸ではなく、女風呂に潜入し三人娘が身体を洗いあうなか一人湯船に浸かる女教師へと近づき、ジャングルを模した茂みへと連れ込み悪戯を仕掛けたというわけだ。
 事故でもなんでもなかった。これって恋? ううん故意。
 なかなか風呂から出てこない先生がのぼせたのかと心配して様子を見に行けば、先生へと悪戯をする菊丸を見つけたのであった。
「い、いやだから、先生が離してくれなくて‥、ん、ぎゃあああっ!」
 と言い訳を口にしかけたところで今度は桂木先生からの手痛いツッコミに悶絶する菊丸。
「よ、余計なこと言ってるんじゃありませんっ!」
 握り拳で教え子を黙らせた先生の上気した顔を三人娘がジトっと見やる。
「菊丸くんばっかり悪者にするのも違うような」
「桂木ティーチャー、菊丸二シガミツイテ離レマセンデシタ」
「そういえばわたしたちを呼べばすんだのよね」
 別に壁で仕切りを作られていたわけでもなし、大声で助けを求めればそれですんでいたはず。
「だ、だって仕方ないでしょ! いきなり襲われて声を出そうとするとキ、キスされて口を塞がれちゃうんだしっ!」
「えー、でも先生、自分からねだってませんでした?」
 と不機嫌そうに千春。
 耳まで赤く染めて教え子たちに弁明する桂木先生だが、三人が見たのは胡坐座りの菊丸に跨ってしがみつき、はしたなくお尻を揺すりたてて「き、菊丸ッ、お願いっ、いつもの‥、いつものしてちょうだいっ! 声が出ちゃうのッ! いずみちゃんたちに聞こえちゃう!」と泣き喚いていた場面なのだから千春の不満も無理もない。
 しかもリンダの言うように全身で抱きついて菊丸を離さないという風にも見えている。
「だ、だからあれは‥」
「えへ。先生ったら離してくれないし、キスまでねだるしぼくの方が文句を言い‥ってえええええっ!」
「あんたは黙ってなさいっ!」
 再びの鉄拳制裁に三人娘の表情はますます白け気味だ。
「先生ひどい」
「オー都合悪イトスグバイオレンスイケマセンネ」
「もうわかりました。悪いのはもちろん菊丸ですけど、先生も毎回毎回好きにされ過ぎです。少しは反省してください」
「‥‥肝に銘じます‥」
 いずみからの駄目出しに担任教師は口惜し気に菊丸を睨みつけ、殊勝に頭を下げるのだった。
 
「でも温泉はやっぱりいいわよね~」
「日本ノ文化サイコーデ~ス」
「わたしたちだけじゃ旅行なんて出来ないし、先生が来てくれてよかったです」
「うふふ、みんなが喜んでくれてわたしもついてきた甲斐があったわ」
 十畳敷きの和室でくつろぐ四人。すでに布団を敷き終えて就寝という頃合いだ。
 なんだかんだありつつも基本的に教師と生徒の垣根を越えて仲の良い四人だ。
「さ、明日も早いし、そろそろ寝ましょ」
「はーい」
 担任教師の号令に声を揃えた三人娘。普段から一緒にいるだけに旅行だからと遅くまで話すこともないらしい。
 
「どうやらみんな寝たみたいですよ~」
 明かりの消えた部屋を廊下から窺っていた人影が誰ともなしに口にする。
 保護者付きの旅行でまさか男女を同じ部屋にするわけもなく、当然のように一人部屋に追いやられていた菊丸であった。
「せっかくの旅行。独り寝なんて寂しすぎですよ」
 先ほどお仕置きを受けたばかりだというのに懲りずに夜這いをかけようというのだから、この執念は本当に凄まじい。これを勉強に活かせばどこでも目指せそうなものだが、彼の目指す頂はそれより遥かに険しい高みにあるのだ。
 後に菊丸はこう言ったという。
─Because it’s there. ─そこにいずみちゃんたちがいるからだ。
 名言であった。
 
「うぷぷ。みんなよく寝てますなあ」
 襖を開け寝室となった和室に忍び込んだ菊丸は静かに寝息を立てる四人を確認してほくそ笑む。
「さ~て、だ・れ・に・し・よ・う・か・な・っと♪」

やっぱりここは天敵いずみを躾ける

 

→一途に自分を見てくれる千春ちゃんにご褒美

 

→ヤンキー娘に日本の文化は温泉だけじゃないと教えてやる

 

今日の恨みをしっかり返す意味で保護者面の担任を調教

コメント

  1. HI-R より:

    新作ありがとうございます。
    途中とは言え楽しませていただきました。

    遅くなりましたが今年もよろしくお願いします。

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >HI-Rさん

       よろしくですよ。
       途中で不甲斐ない。
       まぁ自分で自分の首を絞めたというか、選択肢入れてなければ一応完成品ではあるのですが。

  2. 匿名得雄 より:

    楽しく読ませていただきました。菊丸は本当にすごいですね、相手の弱みに付け込んでくるところは感服します。残りの三人にどんなことをするのか楽しみにしています。

  3. 文月 より:

    やはり夜這いはいいものですね!
    他の三人も毒牙にかかると思うと今から楽しみです

  4. 通りすがりのファン より:

    管理人さん、新作ありがとうございます。

    新しい試み楽しみにしています。

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >通りすがりのファン さん

       こういう試みはやったあとにやらなきゃよかったと後悔する奴ですね。うん。

  5. コォコォ より:

    おおっ、新作ですか!しかもちょっと新しい様式ですね!これは楽しみだあ^_^仕事始まるとなかなか創作できませんもんね。管理人さんのプロじゃないけどプロ意識に敬服です!
    それにしても各々散々悪戯されているというのに一緒に旅行に行くなんてなかなか懲りない人達ですねw
    うまくまけないのか、それとも心のどこかで悪戯を楽しみにしてしまっているのか。桂木先生あたりは案外後者かもしれませんねw

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >コォコォさん

       新作です。
       つか去年からこっち一念井一作かけばいいような状態に。ちんこの元気がないと創作意欲も‥。
       
       菊丸、あんなに危険視しててなぜに皆離れないのか。ハートキャッチ七不思議。

  6. みなみ より:

    新作楽しく読ませて頂きました。
    マルチエンディングとは新しい試みですねー!
    昔読んだゲームノベルを思い出しました^^
    まずはいずみちゃん編から読ませて頂きます!
    個人的にはめったに責められる事のないリンダ編が楽しみです^^

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >みなみさん

       楽しんでもらえて何よりです。
       リンダ編より先にまた先生を補完してしまいました。
       ノベルゲーはネット上の二次創作には合ってますよね。

       みなみさんの同人も楽しませていただいております。

      • みなみ より:

        同人お読み頂きありがとうございます! 桂木先生編も読ませて頂きました。いや~良いですね昼間いずみに邪魔され…いや…救われて、おさまりがつかない身体をもて余した故のマイクロビキニだったのでしょう!「生徒たちがいるのに!」と叱りつつもそれが余計に興奮材料となり、摩擦中も何度か小さな絶頂を迎えていたはずです。先生に最高の年越しを与えた菊丸くんに乾杯!!

        • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

          >みなみさん

           同人頑張ってますよね~。見習いたいものです。
           菊丸はいかに先生を喜ばせるかに日々心を砕いているからして。

  7. パール より:

    新作ありがとうございます。

    菊丸の躾は順調なようで大変けっこう。
    菊丸の貯め込んでいる、
    お宝動画を拝見したいものです。
    特製パンティ?
    もしかして、珠の連なった奴かな。

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >パールさん

       順調です、躾。
       特製パンティはまあいつもの瘤紐です。簡単に作れるし。
       本当にあてがったら大変でしょうねえ。

  8. 匿名得雄 より:

    桂木先生編読みました。先生のガードが弱くなっているように感じますこれも菊丸の努力のたまものだと思います。残る二人も楽しみにしています。

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >匿名得雄さん

       ガード最弱ですねえ、先生。防御力4くらい?
       ただ誤解のないよう断っておきますが菊丸が異常なのであって、先生の防御力は低くはありますが精神力は高めなので、こうした攻撃にもきっちり対処し得る能力は持ち合わせております。
       菊丸が悪いんや。
       ちなみに千春ちゃんは菊丸に対しての防御値は0です。数学の概念や!

  9. 文月 より:

    桂木先生編もいいですね!
    菊丸と旅行だというのに完全に無防備な所が態度とは裏腹に菊丸を信頼しきっているようで・・・
    普段あまりお目にかかれないリンダ編も楽しみにしています!

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >文月さん

       そうなんですよねえ。
       も少しこう考えを巡らせておけばいいんですけど、いずみちゃんにせよなんだかんだ菊丸の発言を信じちゃってるのが‥。
       
       リンダ、千春はまだなんも考えてません。

  10. コォコォ より:

    先生の回、拝見しました。管理人さんのキス描写最高でした!いずみちゃん達が寝ている横の布団で声を押し殺しながら、、、
    ってどんだけサイコーやねんっ!
    年の最後も最初も菊丸の事で頭が一杯。教え子が傍らにいるというのに。うーむ、全くもっていけない先生ですなあ〜。というわけで今年も一年いけない先生にバッチリ染まって下さいね、慶子センセ。
    にしても、年越しなのに皆んな寝るの早っ!笑

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >コォコォさん

       読まれましたか。
       気に入っていただけようでなにより。
       
       ご都合主義により夜更かしせずに眠ってもらいましたが、実際には菊丸に眠らせてもらえないので同じことです。うーん、素晴らしきかな謹賀新年。
       
       で、そのぉ、コォコォさんも管理人を嬉しがらせていただけると‥(小声)

  11. 匿名得雄 より:

    桂木先生編加筆ありがとうございます。どちらが保護者なのかわからないようになってしまいましたね。三人娘にも呆れられてるし桂木先生の株は下がりっぱなしだと思います。帰りはノーパンですか、冬で厚着しても菊丸の前では危険すぎますね、家につくまで楽しめ
    そうですね。

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >匿名得雄さん

       加筆はこっそりしてるので。
       急に加えたくなりましたが例によってやりすぎなのでどうしたものか。
       
       先生ですが菊丸を使っての灸は据えたので、帰りは初詣のついでに買ってきてあげたパンティー穿かせてあげてます。
       菊丸は当然ズタボロにしてペットだのは取り下げさせました。一応恩師なので。
       ただ旅館からの苦情の責任は取ってもらうことにして、旅行代は先生持ちにさせました。
       帰宅後は初詣に行っていない先生を菊丸が誘って二人でお出かけしております。
       最初は菊丸の常識のなさに呆れつつも楽しく過ごしていましたが、晴れ着では下着を着けないって本当ですかぁと言い出した菊丸に絡め捕られて、神社の隅で一応穿いていた線の見えないTバックでの乾布摩擦で可愛がられているところを神主さんに 見つかってしまっております。
       先生もなんで一緒に出掛けてしまうんでしょうねぇ。

      • 匿名得雄 より:

        何とも罰当たりな初詣になっていたんですね。ほんとになんで一緒に出掛けるのか勝手な想像ですが、教師として見放せない50%、可愛がられたい50%だと思っています。

  12. リンダのバレンシアオレンジ より:

    ハートキャッチいずみちゃんに
    性の扉をこじ開けられ幾星霜…
    こんな素敵なサイトに辿り着けて
    大変喜んでおります!
    数えるほどになった
    いずみちゃんの同人の中でも
    こんなに愛に溢れた所があったとは
    これからゆっくりと二次創作
    楽しませて頂きます!
    お身体大変そうなので
    くれぐれもご無理なさらずに!!

    • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

      >リンダのバレンシアオレンジさん
       ご来訪及び過分なお褒めの言葉ありがとうございます。
       随分前から運営はしているのですが、どうも無理やりブログを普通のサイトのように見せかけているせいか中々検索エンジンに引っかからなかったり。
       えーと、ぶっちゃけ加筆修正と個人の趣味とを優先させてしまった結果、原作の風味からだいぶん離れてしまったものになってしまいました。
       その辺りご容赦頂ければと思います。

      • リンダのバレンシアオレンジ より:

        管理人様、
        丁寧なご返事頂き誠に
        ありがとうございます。

        加筆修正も個人の趣味も
        大いに結構ではないかと!
        千春やリンダの恥辱と恍惚に
        身悶える姿も楽しみです。

        自分も長らくハートキャッチに
        夢中ですがやはり最初はいずみちゃんと
        柏木先生に食指が伸びちゃいますよね。

        たまに雑記に書かれていた管理人様の
        絵の方もいつか拝見できればと
        思います。

        • 虎馬屋@管理人虎馬屋@管理人 より:

          >リンダのバレンシアオレンジさん
           
           結構でしたか。ならばけっこーでございました。
           
           自分はこんなサイトを作る程度にはハートキャッチに夢中でございますが、やはりいずみ、桂木先生にやられております。
           千春ちゃんはあとから魅力に気付きました。
           リンダはいまだによくわかってません、すみません。
           
           お絵描きというか、いつかは同人だしたいですねえ(遠い目

          • リンダのバレンシアオレンジ より:

            千春やリンダより
            個性の立ったキャラクターも
            多いですからね!

            リンダは片言の部分が
            活きればもっと
            エロくなりそうな気も
            しなくはないですけどね。

            同人作るとなると
            大変な体力を強いられそうですし
            挿絵程度の一枚などでも
            充分嬉しいです。
            あくまで無理なさらず!