リンダ・マッケンジー

この記事は約2分で読めます。

個人情報 出身 カリフォルニア州
職業 高校生
年齢 16歳
誕生日 7月6日
血液型 O
3サイズ 85/59/88
家族構成 父、母
登場話 41話「しめ縄相撲!!」より

 いずみの父親の取引先の娘。

 現在はいずみ宅にて下宿中。講談高校に留学する。

 金髪碧眼の美少女。スタイルはさすがのボリュームで幾度かの対決でも千春を一蹴している。

 学業成績は不明だが日本語を不自由なく扱えるなど語学能力は高い。

 ダイエットに疲労するいずみを尻目に軽々とダンベルを扱っているなどかなりの体力の持ち主。

 日本好きが高じて日本語を習得するなど情熱的であるが、思い込みが激しくそのせいで間違った知識を鵜呑みにしてしまうことが多い。

 ノーパン状態の自分を覗こうとした菊丸の行動を池に落ちる自分を助けようとしたと勘違いした上、忍者であると誤解して好意を抱く。(ただし忍者修行の回では忍者を自称した菊丸に驚くという矛盾もあった)

 菊丸のことは正直なナイスボーイであると認識している。

 あまり他人を気遣う性格でもなく、自由かつ奔放な振る舞いは千春をして「なに考えてんのか」と言わしめるほど。

 同じく菊丸に好意を寄せる千春とは衝突を繰り返すある意味で犬猿の仲。

 菊丸の悪戯も口車を信じてあまり嫌悪感を抱かず、されるがままになっている。


虎馬屋における設定

 いずみの父親の取引相手の娘で日本に留学、いずみ家に世話になっている。

 金髪碧眼の美少女で三人娘の中でも群を抜いたスタイルの持ち主。

 思い込みが激しく、間違った日本知識もそのまま鵜呑みにするなど三人娘の中でもトラブルメーカーであります。

 菊丸に好意を抱いている点や基本的に常識がずれているなど千春との共通点も多いのだが、だからこそと言うべきか、ことあるごとに争う犬猿の仲。

 千春、いずみほどには感受性が高くはないものの、そこは菊丸。見事な手腕で国際交流を続けて日本の良さをヤンキー娘に教え込んでいます。

コメント