ハートキャッチいずみちゃん SS_04

「どっきり! タコ剥がしの巻」


みんな、こんにちは。
わたしたち、今日は海開きにあわせて泳ぎにきたんです。

 うふふ、夏の暑さにはまいっちゃうけど、こうして海に遊びにくると暑さなんて気にならなくなっちゃうわね。

 人賑わいの浜辺に降り立つと、いずみと千春はさっそく服を脱ぎ捨てて海に向かって駆けてゆく。しなやかな肢体を見せつけるようなビキニ姿は周りの男達の目を一瞬で釘付けにする。
 いずみはショッキングピンクが眩しいビキニスタイル。千春は淡いブルーのハイレグビキニ。モデル顔負けのスタイルの二人が着れば、普通の水着でも十分魅力的なものになる。
 どちらも瑞々しい素肌を惜しげもなく晒してはしゃいでいるのだから、彼女連れの男達からすれば嬉しいやら辛いやら、というところだろう。事実、彼女に肘鉄でも食らわされたのか、辺りからは苦痛のうめきが幾つも上がっていた。
 そんな様子を見やりながら、内心誇らしげなのがもう一人の随伴者。美女と野獣というにも憚られる少年の姿。明智菊丸である。
 菊丸は二人が脱ぎ捨てた衣服を集めつつ、荷物置き場となったパラソルの下へと向かっている。その最中も横目で美少女二人の肢体を盗み見ることも忘れない。
(くう~~~~っ、二人ともかっわいいなあ~~。これじゃ目の毒だよ)
 菊丸にとれば見慣れた姿ではあるが、改めて見るとやはり二人とも滅多にお目にかかれない美少女であった。こうして離れていると周りの男や、嫉妬混じりの女の視線で改めて思い知るのだった。
 が、菊丸は菊丸でなかなか辛い状態なのである。
 普段なら彼女達の後を金魚の糞よろしく付いてまわる菊丸も、今回は荷物番と、その地位は低い。
 それもそのはず。以前に海に行った際にいずみを怒らせていた菊丸は二度と一緒には行かないと釘を刺されていたのだ。
 それを強引に頼み込んで同行したのはいいが、二人が遊んでいる間の荷物番。それにいずみ達にしても菊丸がいればナンパ避けになるのは都合がよかった。
「ねえ、いずみ。菊丸くんも誘ってあげましょうよ」
 ちら、と浜辺に目をやりこちらを寂しげに見上げている菊丸に哀れみを感じたのか、千春は親友に声をかける。対するいずみは千春の提案にもなんら思うところはないらしく、その返事はにべもない。
「あのねえ、千春。菊丸くんは今日は荷物番。だいたいあいつを連れてくる必要だってなかったのに、千春がかわいそうだって言うから連れてきてあげたのよ。これ以上、甘い顔したらま~た、つけあがるに決まってるんだから」
 きつい言葉に千春の顔が曇るが、いずみにしてみればまだ言い足りないくらいである。菊丸と海に出かけたことは何度かあるがその度に酷い目にあわされている。この間など、危うく恥ずかしい全部を見られてしまうところだったのだ。
「でも、いずみ‥」
 なおも言い募る千春に思わず額を抑えて溜息をついてしまう。どうしてあんな奴を、と思わずにはいられない。今日は来ていないがリンダにしても同じだ。趣味が悪い、と、そう言ってしまうにも酷すぎる。
 千春にしてもリンダにしても、その気になれば引く手数多の魅力をもっているだろうに‥。現に今だって頭の軽そうな男のギラついた視線がそこかしこからまとわりついて煩いくらいだ。それはいずみ自身にも言えるはずなのだが、当の本人は意識的なのかどうか、その辺りのことは頭の中にないらしい。
「とにかくっ、菊丸くんは今日は荷物番。わたしたちは後は任せて遊びに行きましょっ」
 強引に千春の手を取り、浜辺へと走り出す。いずみにしてもこれ以上、千春の言うことを聞いて菊丸に隙を与えたくはなかったのである。
「お~い、いずみちゃ~ん、そのままだと日焼けしちゃうよ~。ぼ、ボクが持ってきたこの日焼け止めで‥って、あれ、もう行っちゃったの?」
 いずみの判断は正しく、菊丸はオイル片手に荷物番もそこそこに二人の後を追いかけてきていたのであった。
「ちぇっ、せっかく海まで来れたのに、これじゃあ何にも楽しみがないよ」
 どうしてこうなったのか、その原因を置き去りにしてぼやく。しょうがなくそのまま荷物番をするために、パラソルの元へと戻るのだった。

(お、あの娘は中々‥、あっちの娘は、と。‥ぶっ、み、水着から肉がはみ出してるよ‥。あ~あ、いずみちゃん達の水着姿を心ゆくまで鑑賞できると思ったのに‥‥ん?)
 菊丸が回りの女性の品定めをしつつ、荷物番などをしてしばらくたった頃である。
「菊丸くん! 大変なの、ちょっとこっちに来て!?」
 自分を呼ぶいずみの姿が目に入る。ずいぶんと遠くからの呼びかけで、品定めに精を出していた菊丸は気付かなかったが、よく見ればかなり慌てた様子は冷静な彼女らしくもない。それに一緒にいるはずの千春の姿もなく、菊丸は荷物もそのままにいずみの元へと急ぐのだった。
「ど、どうしたのさ、いずみちゃん?」
 人気のない浜辺まで一息に駆けつけ、息を切らしつつも尋ねる。この辺り菊丸も普通の少年と変わらない。
「あ、菊丸くん‥それが千春に‥」
 言いよどむいずみの視線の先を見て、思わず絶句する。

「‥‥」
 さっきまで姿の見えなかった千春が海から上がってきていた。その千春に何かが巻きついている。赤紫色のぐんにゃりとしたそれは、どこぞの国では海の悪魔と恐れられる無脊椎生物、蛸であった。
「‥え~と、新しいファッション?」
「そんなワケないでしょっ! 泳いでたら千春に急に襲いかかってきて‥、全然離れてくれないのよ」
 つまらないボケによって出来たタンコブを擦りながら、改めて千春を見やる。透き通るように白い肌にまとわりつく蛸は、腰の辺りから八方に足を伸ばして、太腿にぎっちりと巻きついた足などちょっとやそっとでは取れそうにないように見える。
「あ~ん、菊丸くんどうにかしてえ、気持ち悪~~い」
 うねうねと蠢く感触が気持ち悪いのか涙を浮かべながら助けを求める千春。
 唖然としていたのもしばらくの間で、白い肌との対比でどこか扇情的にすら見える千春の水着姿をじっくりと観察していた菊丸であったが、千春の言葉に更に顔の筋肉を緩ませる。
(そうだ、ここは蛸を剥がすフリをしてまた楽しませてもらっちゃおうっと♪)
 こと女体探求の為ならば、天才的な閃きを発する桃色の脳細胞が活動を開始していた。
「いずみちゃん、とにかくこのままじゃ肌を痛めてしまうかもしれないよ。急いでお医者さんを探すんだ! その間、ぼくが蛸を剥がせるか試してみるよ」
 勢いよくいずみに指示を出す菊丸。
「う、うん、わかったわ! 千春、すぐ戻ってくるからね」
 見る間に小さくなるいずみの姿を確認してから菊丸は急ぎ荷物の中から、先ほどのサンオイルを引っ張り出して千春の元へ戻っていった。
「千春ちゃん。まずはこれですべりを良くして剥がせるか試してみよう」
「と、とにかく早く剥がして~~、菊丸く~ん」
 疑いもなく菊丸の案に乗る千春はあまりにも無防備で、親友が頭を悩ますのも無理からぬところだろう。が、菊丸にとってはうるさいいずみがいなくなったことは好都合で、このいずみとは趣の違う獲物をどうやって食べようかと今から楽しみで堪らない。
「よし、千春ちゃん。じゃあオイルを塗るからじっとしててね~」
「う、うん」
 目を血走らせて近寄る菊丸にかすかな違和感を感じつつも、素直に肌を晒す千春にいよいよ菊丸の掌が張り付いてきた。
「‥あ」
 ひやりとした感触に思わず声を出してしまう。ただオイルを塗られているだけでも、この人一倍感じやすい少女には刺激的なものに変わってしまう。
(うひょひょ~♪ 相変わらず可愛い反応しちゃって~)
 上目遣いに同級生の反応を見やる菊丸は、相変わらずの千春の敏感さに喜びを隠せない。その喜びのままにオイルを塗る動きも激しさを増してゆく。
 最初は肌の上を滑るように塗ってゆくだけだった動きが、次第に手指を動かしながらのものに変わり、太腿を撫ぜるようにして瑞々しい肌の感触を楽しむ。
「あ、アン、あアン」
 いずみと違いこうした動きに嫌悪を見せず、感じるままに可愛い声で菊丸の耳を楽しませる。
 頭に乗った菊丸の調子はますます上がる一方で太腿から、無駄のないお腹の上を通り過ぎ、二つの膨らみへと伸びてゆき、その間も千春は「あんっ」と可愛い声を上げ続けている。
 いよいよ芋虫のような指が淡い青の布地を這い回り、十分にその柔らかさを楽しむと一息に裾から剥ぎ取ってしまう。
 ぷるるん、と勢いよく現れた二つの膨らみ。白い肌よりもなお白く、透き通るような白さの双丘はいかにも柔らかそうに剥ぎ取られた勢いのままに、今もプルプルと震えている。
「ああん、き、菊丸くん? ‥な、なに?」
 甘く痺れるような感覚に、トロンとした目をしたまま菊丸へ問い掛ける千春。すでに胸を見られていることへの嫌悪感はなく、ただ素直に菊丸の行為への疑問があるだけのようだ。
「うん、もし蛸がこっちに向かってきた時のためにあらかじめここにも塗っておけば予防になるでしょ。だから、ここは我慢して、千春ちゃん」
「う、うん。わかったわ、菊丸くん」
 またも素直に頷いてしまう千春であった。
 いずみよりもわずかに小さな膨らみは、例えいずみと比べずとも、そこらの少女達と比すれば十分以上である。
 その双丘を前に、菊丸はさっそくオイルをまぶし始める。
「あん!」
 ぬらりとした触感に千春は早くも愛らしい声で反応してしまう。普段、菊丸に苛め抜かれているだけに、微妙な刺激にも簡単に声を上げてしまうようになってしまっている。
 もちろん、菊丸自身がそういう触り方をしているのだからその反応も当然で、掌で包むように乳房を揉みこむようにオイルを塗っているうちに山頂に位置する可愛らしい蕾が、段々とその高さを増していくのがわかる。
「あ、ああっ、そんなに胸ばっかりいぃ‥」
 頭を振って抗議するかのように声を出すが、その口調、表情は決して嫌がっている風ではない。一見すると恋人の愛撫を受けているかのようにすら見えるくらいだ。
「千春ちゃん、ここは引っかかるところが多いから、特に念入りに塗らないと」
「で、でも‥あ、アン」
 それでもやはり少女らしい羞恥が先に立つのか、同級生に胸をまじまじと見られながら触られることに柔らかな抵抗を示す。しかしその抵抗もオイルローションのヌラリとした感触と、菊丸の危なげない触れ方によって簡単に封じられてしまう。

(でへへ~、せっかく千春ちゃんの胸にオイルを塗れるチャンスなんだし、じっくりと塗らせてもらっちゃおうっと♪)
 オイルまみれとなった二つの膨らみを両の掌で思う存分、弄ってゆく。
 手の中で、千春の性格を現すように柔らかな丸みを持つ乳房の形が変わるたびに、「アアン」と千春の愛らしい声が菊丸の耳に届く。
 細身な千春は実際のサイズ以上にボリューム感を持ち、82センチのバストはヌラリとしたオイルの光沢が陽光を反射して、とんでもなく扇情的な様相を呈していた。
 その中でも可憐な色合いの淡い薄桃色の乳首が、菊丸の無骨な指の間から顔を覗かせて存在を主張する。
(うっひゃ~、かっわいい乳首ちゃんが顔を出してますよぉ~♪ これはもっと可愛がってあげなないと~~)
 さっそく蕾に狙いをつけた菊丸が、指先を移動させて指の間に挟むようにしてコリコリと刺激する。途端に千春の身体は反応して、これまで以上に高い音色の喘ぎを漏らしてしまう。
「あ、ああンっ、そ、そこはぁっ」
 人一倍敏感な千春である。まだ勃起しきっていないとはいえ、女の急所に狙いを定められると無条件で身体が反応してしまう。菊丸は急所を責めるのは勝負の鉄則とばかりに、指の間でひくん、と小さく震える乳首を扱き上げる。
「あ、アッ、ああ~ん!」
 そうして乳首を上下に扱かれるたびに、ビクンっと背筋を反らせては自分の敏感さを菊丸に教えるようにして反応してしまう。
(うひょひょ~、硬くなってきましたよ~♪ 今度はこうしたりして)
 みるみる硬さをましてゆく、可憐な突起を今度は摘み上げるようにして扱かれてしまう。
「あふぅっ‥、あ、あはぁっ‥」
 ジンジンと疼く乳首を扱きぬかれる感覚に、千春は早くも追い込まれ始めていた。ガクガクと膝が震えて、力が入らない。かろうじて菊丸に支えられている格好だったが、あまりにも執拗な乳首責めの前に「だめぇ‥もう立ってらんない‥」と、ゾクゾクするような声音で囁くと、崩れるようにして、倒れこんでしまう。
「わ、わあ、千春ちゃん、大丈夫?!」
 一応の心配はしているが、その目はどちらかといえば折角の状況にケチがつくのを恐れて、と言ったところか。砂地であるから、倒れこんだとしても大したことはないと判断をつけている辺りが、菊丸の計算高さである。
 ただ、その拍子に腰から下で太腿辺りに巻き付いていた蛸足が移動して、懸念通りに上半身にまで蛸足を伸ばしてきたのは予定外であったようで、思わず驚きの声を上げてしまっていた。

「あっ! 蛸の奴、千春ちゃんの胸にっ!」
「‥えっ? あ、いやああんっ! き、気持ちわるういっ!」
 菊丸の声で胸元に目をやった千春は、ずるずると這いまわってくる動きを見て生理的嫌悪感と感触とに悲鳴を上げる。
「だ、大丈夫だよ、千春ちゃん。その為にさっきからオイルを塗ってたんだし、すぐに剥がしてあげるよ!」
「そ、そういえば‥。さすが菊丸くん‥って、はやく取って~~!」
 菊丸の周到さを誉めようとするも、それどころではないのか、すぐにも泣き出しそうな表情で哀願する。
「わかってるって。ぼくに任せてよ、千春ちゃん」
 返事だけは好男子である。下心満載のその笑顔はいずみなれば見破れるだろうが、千春では菊丸への信頼もあるために見破れないのが困りモノであった。
 寝そべった形の千春の乳房は、それでも形が崩れずに瑞々しい若さを主張している。その二つの丘に迫る蛸足はグネグネと周囲を這いずり、裾野を圧迫するようにとぐろを巻き始めていた。
 その為に根元から搾り出されたような格好になった膨らみは、ロケットのような形でツンと突き出してしまっている。いかにも触ってください、と言っているようで、菊丸は思わず、ぐびりと喉を鳴らしてしまう。
(うっわあ。偶然とはいえすっごい形になっちゃって、まあ。これはぼくに触ってくださいってことだよね~、千春ちゃん)
 恐ろしくも手前勝手な解釈で、目の前で無防備に横たわる美少女の横に跪くとオイルで塗れ光るロケットオッパイを掴み上げる。
「あんっ」
 蛸によって根元を絞られている状態に、千春の敏感さはいや増して菊丸の指先を感じてしまう。柔らかな乳房の中に指が埋もれ、マシュマロのような感触の中にも弾むような弾力を感じさせる二つの膨らみに菊丸は顔のニヤケるのを止められない。
(やっぱり千春ちゃんはこの柔らかさに感じやすさが魅力だよね~)
 ろくろで陶器を作るようにして胸を揉むと、グニグニと音の聞こえそうなくらいに形を変える膨らみの表面では、次第に汗を浮かばせてオイルの中に混じっては無駄な贅肉のない腹部へと伝ってゆく。
「ああンっ、そ、そんなに揉んじゃっ、あ、あっ!」
 汗の量が増えると共に、千春の表情も切なげなものに変わり、喘ぎ声も甘く切羽詰ったものへと変化していた。

 なにしろ敵は菊丸だけではなくなっていたのだ。菊丸にとっては嬉しい誤算で、追い出そうとする蛸こそが強力な味方として働いてくれていたのだ。
 千春の胸に張り付いていた蛸足の吸盤が、菊丸のオイルマッサージと称する動きと連動して蠢き、その度に千春に何ともいえない感覚を与えてくる。
「い、いやっン‥な、なぁに、この感覚ぅっ!? は、張り付いて、く、るぅっ!」
 ツンと上向いた乳首がいよいよ硬さを増して、尖り始める。
 ただでさえ感じやすい千春にとって、ローションのヌラヌラした感触に加えて菊丸の巧妙な指使い。その上、蛸足の吸盤が肌を吸い上げてくるような感覚はほとんど拷問に近かった。
「あっ! あっ! あぅっ、うぁっ!」
 仰け反り、声にならない悲鳴を上げ続ける。ビクンビクンっ、と陸に上がった魚のように跳ねる身体からは汗が飛び散り、淫靡な雰囲気を周囲に撒き散らしてゆく。
 寝ていても些かも形の崩れない若々しい二つの膨らみ。その頂点に位置する蕾はすっかり花開き、ピンといやらしく尖りきっている。
 菊丸はそのピンク色の乳首を摘み上げ、さらにローションをなすりつける。いやらしさの増した勃起乳首をくりくりと弄ると千春の喘ぎは高まり、背骨が折れるかと思うほどの激しさで仰け反ると、千春は浜辺であげるには恥じらいの足りない声で叫んでしまっていた。
「あっ、ああっん! や、やめっ‥ああ~~っ!」
「ダメだよ、千春ちゃん。そんなに暴れたらオイルがちゃんと塗れないじゃないか」
「‥そ、そんなこと言ったって‥あ、あアン! そこは‥だめ‥ぇっ」
 菊丸の叱責に千春は気弱そうに首を振りつつ、好意を寄せている同級生の前で喘ぎ混じりの答えを返して、赤く染まった美貌をより一層真っ赤にしてしまう。
 すでにこれ以上塗る必要もないほど千春の肌はヌラヌラとオイルによって光っている。少し身体を動かすだけで、汗と一緒にオイルも周囲に飛んでしまっているほどだ。
 だが、千春はそれに気付けない。ただ菊丸に命ぜられるままにオイルを塗ってもらう為、暴れてしまう自分の身体を抑えようと必死になって身を強張らせる。
 眉根を寄せ、唇を噛み締めて耐えようとする表情は何とも健気で愛らしさを感じさせるが、次の瞬間には与えられる快感にだらしなく屈服し、菊丸の叱責も忘れて喘ぎ声をあげてしまう。
「も、もう‥やめ、て」
 千春は息も絶え絶えに許しを請うてしまう。先ほどから繰り返される乳首への責め。ツンと勃った乳首をコリコリと転がされる度に頭の中まで蕩けてしまう感覚に襲われてしまい、さすがの千春も恥ずかしさでどうにかなりそうなのだ。

「あアン、アンッ、あああ‥」
 あまりにも敏感すぎる身体は胸を悪戯されているだけだというのに、高校三年生とはとても思えない反応を示している。乳首はピーンとこれ以上じゃないほどに尖りきって、フルフルと震えてさえいる。捩りつかせる太腿は何とも色っぽい動きで悩ましさをふりまき、官能美を見せつけ、明るい巻毛も、今は汗を吸って重たげに額に張りつき、何ともいえない色気を見せていた。
 その姿はとても18歳とは思えない。普段は子供っぽい言動の目立つ千春だけに、こうした時に見せる変化は見るものを圧倒するのだった。
(うひょ~♪ いろっぽ~~い! ここまできてやめられるもんですか~~~!!)
 同級生の色香に怖気るどころか、ますます闘志を燃やすのが菊丸であった。
 乳首を摘み上げると、そのままゴシゴシと扱き上げる。完全に勃起しきって、より感じやすくなってしまっているそこをそんな風にされては、堪らなかった。
「あっ、あああ~~~~~~っ!!」
 ブリッジするような勢いで背を反り返らせて、千春はここが浜辺であることも忘れて凄まじい悲鳴を上げる。
 乳首からズキンズキンと痛みと錯覚するくらいの勢いで、甘い電流が流れ込んでくる感覚。
 頭の中が真っ白に染まってしまう感覚に、千春は涙目になって悶えてしまう。
「あっ、あっ、あっ! ああっんっ!」
 性感の塊ともいえる、そこを上下に扱かれる刺激で千春は断続的に舌っ足らずの悲鳴をあげ続ける。もう何がどうなっているのか、わからなくなっていた。
(な、なあにっ、この感覚ぅ‥)
 蛸が自分に絡み付いている不快感すら、呑み込んでしまう甘い疼きの前にとにかく泣き叫ぶことしか出来ない。
「イヤァンっ、そ、そこっ‥そんなにぃっ、ああっ!」
 それでも切れ切れの悲鳴の中に抵抗の意思を見せ、ただの悪戯となってしまった行為を止めようとする。が、菊丸の動きは止まらない。どころか、より激しく上下に勃起乳首を扱いては、千春を追い詰めてゆくのである。
「きゃふぅっ! きゃああっあん!」
 ビクンビクンっと仰け反るたびに汗が跳びはね、砂地に吸い込まれては消えてゆく。どれだけ少女の汗を吸ったのか、サラサラとした砂も今では水気で重く見えている。
 それが不快だったのだろうか、蛸がまたも動きを変えようとする。胸元に巻きつかせていた足をズルリと時間をかけて動かして、位置を変えようとする。
「ああっ! う、動かないでぇっ!」
 蛸の新たな動きが千春に新たな刺激を与えることになり、再び千春は悲鳴を上げてしまう。
 慌てたのは菊丸だ。このままでは自分の努力も空しく、蛸が離れてしまう。
(あと少しだったのに~、この根性なしめ!)
 と、どの意味での、あと少しなのかが不明な罵りを心中で発しながら、菊丸は離れようとする蛸の足を掴んで引き戻そうとする。
「い、イヤッん‥、あ、ああっ、ああン!」
 当然、抵抗する蛸は千春に強い力で張り付いて、吸盤でキュウッと柔肌を吸い上げる。
 この繰り返しに千春は、ただ身悶えて耐えるだけであった。

「こ、この、おとなしく、しろぉっ!」
 さすがの菊丸も蛸の強情さに息を切らしてしまう。なにしろ利き腕はしっかりと美少女の勃起乳首を責めるのに使っていて、普段は使わない左手での攻防である。どうしても無駄な力を使ってしまうのだ。
 それでも何とか蛸を引き戻すのに成功しかけたのは見上げたものだが、そのせいで周りに気を配るのを見事に忘れていた。
「ふう、全く世話を焼かせるなぁ。でも、これで千春ちゃんに続きが‥」
 と、そこまで言いかけたところで、砂地に出来た影に気付く。
 そして、背後に感じる殺気にも。
「な・ん・の・続きをするつもりなのかしら、菊丸くん?」
「え、ええと、その、も、もちろん蛸を千春ちゃんから剥がす作業さ」
 後ろを振り向きもせず、数瞬、迷った末に出た言葉は棒読みもいいところだ。語尾の震えは恐怖のためか。
「なに言ってるの! まったくもう、ちょっと目を離すとアンタって男はっ! 早く千春から離れなさ~~~いっ!」
 後頭部に見事な蹴りがめり込み、メキョッと音さえして菊丸は倒れこむ。掴まれていた足が離され、これ幸いと蛸も神速の速度で海辺に向かって逃げてゆく。いずみの怒気が蛸にも伝わったのであろうか。

 


「お医者さんが見つからないから戻ってくれば、またあんな悪戯して! 少しは反省しなさい!」
 腰に手を当て仁王立ちして説教状態のいずみだが、実のところ、当の菊丸はそれどころではなかった。
「い、いずみちゃあん、は、反省したから、ここから出してくれないかな~」
 首を動かし、いずみを見上げる菊丸。というよりも首しか動かせないのだが。
「フン、アンタは少し痛い目にあわないと駄目なのよ。だからしばらくそうしてなさい!」
「そ、そんな~、もうすぐ満潮になっちゃうよ。そしたら、息が‥って、いずみちゃん、待ってよ、わわ、ホントに死んじゃうよ~~~?!」
 悪戯の罰にと砂の中に埋められた菊丸をそのままに、千春を連れていずみはさっさと歩き出す。背後に菊丸の悲鳴が聞こえるが、あっさりと無視するのだった。

菊丸くんと海に来るとロクなことにならないんだから! 海の怖さでも知って大人しくしてなさいっ!

満足度に応じて星を付けて下さると励みになります。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)

読み込み中...

コメント