WF-1000XM4

この記事は約2分で読めます。

 ゼンハイザーのワイヤレスイヤホンを買おうと思っていたんですよ。これ。

ゼンハイザー、最上位モデルと同じドライバで約1.5万円の完全ワイヤレス
ゼンハイザーは、最上位モデルと同じドライバーを搭載し、IPX4の防水仕様、左右関係なく片耳だけで使える利便性なども備えながら価格を抑えた完全ワイヤレスイヤフォン「CX True Wireless」を7月8日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は15,800円(税別)前後。カラーはブラックとホワイトの2色。

 約一万五千円。ワイヤレスに出せるのはまぁここまでかなと。
 だって充電器に内蔵のバッテリーにマイクと、有線のイヤホンに比べて余計なものがこれだけついててお高いのが大体三万越え。同価格帯の有線と比べると絶対に無理があるじゃないですか。
 
 なので廉価版のこっちでいいかと。
 ところがですね。
 以前にソシャゲ用のスマホを安く買う際に光ショッピングを利用して、その時のポイントが8000円分、使うこともなく残ってたんですね。
 
 これでイヤホン買えるじゃん。
 と、んでゼンハイザーのあるかな、と探していたらばそちらはなかったんですけれどSONYの新型WF-1000XM4がありまして。

ついにLDAC対応、“完全ワイヤレス最高峰!?”ソニー「WF-1000XM4」【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】
ソニーのワイヤレス・オーディオは、オーバーヘッド型ヘッドフォン、ネックバンド型イヤフォン、完全ワイヤレスイヤフォンの3タイプ展開となっている。ノイズキャンセリング機としては、オーバーヘッドの「WH-1000XM4」、完全ワイヤレスの「WF-1000XM3」の人気が高いところだが、完全ワイヤレスの弱点は、LDACに対応し...

 三万三千円と高額ですが、まあ一千五千を出そうと思ってたところにポイント差額で二万五千円ならまあ許容範囲かなと。一万の上乗せですね。
 
 ただこれすげえ人気で在庫ねえんでやんの。
 いつ在庫復活するかわかりませんがとりあえず通知設定入れておいて気長に待つことにします。今すぐどうこうってわけでもないし。

コメント